カードローンの審査に通りやすい人はどんな人?

カードローンには審査がありますよね?審査があるってことは審査に通らない限りは借りれないってことですよね?だけど審査とかって苦手なんですよね。今までにも入試とか就職試験とか検定試験とか審査とかいろんなことをしてきたけど、そういうコトってたいてい良い結果にならないんですよね。人の倍頑張ってようやく通るイメージなんです。

だからカードローンでも審査に通りやすいコツとか対策ができたら少しは違うのかなと思って気になっています。カードローンの審査に通りやすい人はどんな人ですか?申し込む前にできる事って何ですか?

カードローンの審査には勤続年数が長いと有利

カードローン会社が気にしていることは、もちろん審査項目すべてにおいてですが、その中でも勤続年数が長いかどうかを見ています。勤続年数が長いというコトはそれだけ収入が安定していることにつながるからです。

いくら大手で安定している企業に勤めていてもすぐにやめてしまったら収入は安定しません。そのため勤続年数が短いと収入が安定しているとは判断できないのです。

カードローン会社は貸したお金を返してもらえるかどうかが気になるところなのです。収入が安定していない人にお金を貸して確実に返してもらえるかといえば疑問になりますよね。そのため収入が安定していない、つまりは勤続年数が短い人には審査が厳しくなります。1年未満の勤続年数でカードローンに申し込みをしても審査に通らない可能性が高いですね。

要するに勤続年数が長く収入が安定していると判断できる人は審査に通りやすくなりますよ。申し込む前にできる事といえば会社を辞めず、長く勤務するコトでしょう。

教えて!消費者金融の審査に通りやすい人の特徴

どうしてもいついつまでにお金が必要なのにどこの消費者金融に申し込んでも全然審査が通らないと嘆いている人も結構いると思います。出来れば審査にすんなり通ってすぐにお金を借りることが出来れば良いですよね。ならば消費者金融を始め、色々な金融会社の審査に通りやすい人の特徴ってどんなものがあるのでしょうか。

銀行系であれ、消費者金融であれ、審査に通りやすい人の特徴のナンバーワンはなんといってもその人の「信用度が高い」という事、これに尽きます。信用度が高いということは、きちんと返済することが出来る人という事になり、金融会社から見たら、一番大事な事になるわけです。信用度というのは一般的にきちんと返済出来る=返済に困らない=定職がある=返済出来るだけの収入があるということになるのです。ここが一番大きなポイントとなり、ここが崩れてしまうと信用度が下がります。

また、きちんとした収入があったとしても、うっかりしていて一度でも返済が遅れてしまったりすることでその人の信頼度が下がり、新たに借入などが出来なくなります。少ない手取りであったとしても、毎月きちんとした収入があり、返済も遅れずにやってきて、他の借入も極端に増えてないない人は信用度が上がり、増額などを申し込んでもすぐに審査が降り、融資して貰えるという事になるわけです。逆に言い換えると「返済の遅れ、月々の定まった収入がない、他社の借入が極端に増える」この3つのいずれかが該当すると信用度が下がり、融資の審査に通りにくいという事に繋がるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 ※審査に通りやすいおまとめローン※お探し?最新ランキング→ All Rights Reserved.